白血病で障害基礎年金2級を取得、年間約123万円を受給できたケース

相談者

性別:男性(40代/会社員)

傷病名:成人T細胞性白血病

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

年間受給額:約123万円

相談時の相談者様の状況

ご本人の奥様より主治医から障害年金の申請を勧められたとご相談をいただきました。

相談から請求までのサポート

全身に皮膚肥厚が出現し、なかなか治らなかったので皮膚科を受診したところ白血病と診断されたとのことでした。抗がん剤治療を受けられており、1日のほとんどをベッドの上で過ごしておられるということで、障害年金に該当すると思われ、医師に依頼した診断書を確認したところ、障害認定基準に該当しており2級に該当すると判断しました。

結果

障害基礎年金2級を取得、年間約123万円の支給が認められました。

将来的に骨髄移植をし、容態が安定するまで仕事ができない状態ということでしたので障害年金が受給できご家族も安心しておられました。

事例バナー

ImgTop11.jpg

他病気の対象

お客様の声
受給実績・受給事例
障害年金の基礎知識
よくあるご質問
当事務所について

当事務所について

スタッフ一同
Access

ACCESS